UbuntuをVirtualBoxで走らせる。on Windows7

最近、部屋が手狭になってきた。
デスクトップが邪魔だ。
おもいきって、ノートパソコンにしてみた。
さっそく、Windowsを潰してUbuntuをインストール作業を始めたが、できない。
途方に暮れた。
いまさら、Windowsなんて嫌だ。
色々、調べたらVirtualBoxにぶちあったた。
少しぐらいショボくても、しょうがないかの気持ちで試してみた。
ところが、結構いける。
Windowsの匂いが、しない。
逆に上出来なWineを装備している感じだ。
最近はマシンパワーがあがったから、この選択もありだな。

初めての試みなので忘備録を兼ねて導入手順を書いておきます。
VirtualBoxをWindowsにインストール。
VirtualBoxにUbuntu10.10をインストール。
この辺までは、ネットで探せば落ちている。

インストールが終わり、ろくろく警告も読まず、enterを押して再起動。
ここまでは良かったが、次の再起動でインストール画面になっちゃた。
?????
どうやら、インストール直後の再起動の時にCDイメージをアンマウントしないといけないみたい。
VirtualBoxの 「デバイス」=>「CD/DVDデバイス」から、「CD/DVDデバイスのマウント解除」を選び、解除できたら「Enter」を押す。
これで、解決だ。
この状態だと、Windowsのプログラムの一部でしかない。
Guest Additionsのインストールをすると、ガラリ一変、すばらしい世界だ。
それで、Guest Additionsのインストールの手順。
VirtualBoxの「デバイス」より「Guest Additionsのインストール」を選びます。
次にGuest Additionsのイメージをマウントします。
今度は、Ubuntuの「場所」=>「VBOXADDTIONS...」 をクリックします。
開かれたウインドウの中の「autorun.sh」をダブルクリックして「端末内で実行」します。
パスワードを聞かれるので認証します。
Guest Additionsのイメージのアンマウントします。
終了後に仮想マシンを再起動すると、「Guest Additions」が有効になります。
このフルスクリーンモードは、実にいい。
Guest AdditionsはUbuntuをアップデートすると無効になるので、
再度Guest Additionsをインストールしないと、いけないみたい。

次に共有フォルダの設定。
Ubuntuを走らせる前のVirtualBoxの「デバイス」=>「共有フォルダ」から共有フォルダの制作。
共有フォルダは、c:\VBoxShareとしました。
一応、これで話を進めます。
この時、自動マウントを選択。
Ubuntuを走らせます。
「システム」=>「システム管理」=>「グループとユーザー」で「ユーザー設定」に行く。
「グループ管理」をクリック。
vboxsfのプロパティでユーザーの名前をチェック。
再起動。
とりあえず、/media/sfVBoxShare にアクセスできた。
このままでもOKです。

ネットワークに、つなげるのなら、
sudo nautilus
/media/sf_VBoxShareのプロパティの共有ファイルのタブを開く。
このファイルを共有する。をチェック。
共有を作成をクリック。
testparm を子プロセスとして起動できませんでした:
と、エラーが帰ってきた。
とりあえず、ターミナルに testparmとコマンドを入れてみた。
帰ってきた情報から、
sudo apt-get install samba-common-bin samba4-common-bin
再度、トライ。
nautilusが、落ちたので再び
sudo nautilus
今度、/media/sf_VBoxShareのフォルダのデザインが、変わった。
再起動。
ubuntuの「場所」=>「ネットワーク」をクリック。
何かが、変わった。
sf_VBoxShareが現れるまでクリック。
そんで、ネットワークに繋がった。
色々やっている内に
cd ~/.gvfs/sf_vboxshare@xxxxx
cd /media/sf_VBoxShare/
の、どちらかで共有ファイルにアクセスできる事がわかった。
と、こんな感じで迷子になりつつ辿り着きました。

<後日記>
nautilusのブックマーク機能を見つけて以来
ネットワークに繋げるのが面倒なので、
/media/sf_VBoxShare/
に直接いってます。
[PR]
by gaziya | 2011-01-15 23:02